お寺歴史あらまし

【常敬寺のあゆみ】
親鸞聖人の孫、唯善上人が
下総国関宿村中戸にて
弘安7年(1284)に開いたお寺です。

開創当寺は常敬寺(じょうきょうじ)
の寺号はなく中戸山西光院(なかとさん 
さいこういん)と名のり創建、
お念仏の教えの布教が始まりました。
(ちなみに鎌倉常葉には唯善上人が
「弥陀本願寺」と号した草庵がありました)

西光院は勅願所の指定を受け、
それに伴って赤門が許されました。

第4世善栄は西光院の院号に続けて
「本願寺」の寺号を名のりましたが、
第6世善鷲の時代に本願寺蓮如上人に
帰依すると、蓮如上人から
「常敬寺」の寺号を頂きました。

天正の戦乱で堂宇を焼失した後、
当山は寺領を喪失し、焼跡は他の
寺が支配するところとなりました。

そんな中、本願寺顕如上人の後援
もあり、
兵乱を避けて常敬寺を信濃に
再建しました。

また関宿の常敬寺跡地には、「福泉寺」
という別のお寺が建ちました。
当山がお東に転派後(後述)の
元禄十四年(1701)、福泉寺は
西本願寺寂如の命により、当山の旧地に
あることから、当山にあやかって同名の
「常敬寺」と寺号を改めました(現在の
本願寺派常敬寺)が、当山とは関係は
ありません。(問い合わせが野田市の市役所
含めありましたのでここに記します)
唯善上人の末裔は「中戸」姓です。

石山合戦の際には兵糧米20俵を送る
等、当山常敬寺は本願寺を直接的に
支援したことが天正5年(1577)
付けの資料からうかがい知れます。

慶長の初め頃 越後国に招請され、
寛文6年(1666)に現在地の
越後高田寺町に移りました。

延宝7年(1679)に
お西からお東に転派し、
親鸞聖人ゆかり・血縁のお寺
として現在に至っています。

どなた様もお気軽にお参りください。

常敬寺のあゆみ漫画

お寺Tシャツ
Tシャツ等、お寺のオリジナルグッズを
↓のサイトで通販しています。
online shop【高田寺町】(たかだてらまち)
https://suzuri.jp/yuishin

御朱印(参拝記念印)も捺印
しております。
詳しくは常敬寺のサイトを確認
してください。


sanpaikinen
御朱印説明

akamoninsta01



<アクセス>
電車でお越しの場合:
えちごトキめき鉄道 
はねうまライン
「高田駅」下車、徒歩約12分

車でお越しの場合:
上信越自動車道 
上越高田ICから約10分

北陸自動車道 
上越ICから約20分

​・真宗大谷派 中戸山西光院 常敬寺
新潟県上越市寺町2丁目7-28

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
にほんブログ村


仏教ランキング